fc2ブログ
アジサイや清流で知られた板取の日々を書き綴ります。
page top
竹はざし (神迎祭)
私の暮らす集落の神社では、旧暦十月(神無月)末日に『竹はざし(神迎祭)』が毎年行われている。

現在、板取地域のお宮さん13社のうち、3社だけが行っている祭りで、今年は12月2日に執り行われる。

十月(神無月)、日本の八百万の神々が出雲の国へ行かれ、神無月末日、それぞれの御社に戻って来ると言われている。
その神々をお迎えする為に、神社の境内で青竹を燃やし、竹が破裂する音と炎と歓声で導くのである。
火の周りに集った人たちは、お神酒を酌み交わし、イワシを焼いて頬張り、子供達は焼けた竹炭でサツマイモを焼き、神様のお帰りを待つのだ。

動画は昨年、板取地域、門出集落の大道神社で行われた『竹はざし』の様子だ。

集落の人達だけで執り行い、狭い境内で行われているので、派手さないが、昔から伝わる伝統的な行事を感じてもらえれば有難い。


[広告 ] VPS
スポンサーサイト



© 板取川のほとりで. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG