fc2ブログ
アジサイや清流で知られた板取の日々を書き綴ります。
page top
田んぼ道の雪かき
日曜日の朝、雪が積もっていた。
我が家は板取でも南部の方なので
今日は20㎝程度と、大した事は無い。

同じ板取でも北部は、ここの3倍以上降り
気温も低く融けないので
1m近くは有るだろう。
除雪車出動

除雪車の「ドドドドドドォ~」の低音が響いて来た。
この地響きのような振動が伝わってくると

「お前も早う雪かきしんとアカンやないか!」
こんな風に急かされているような気がして
ジッとしていられなくなる。

雪は少ないが、風も強く氷点下なので
防寒着、毛糸の帽子、手袋に長靴の重装備で表へ出た。

集落の中ほどに普段の行き来に利用されている
田んぼ道が有るので
翌日の月曜からスっと歩けるよう
ここの除雪をする事にした。
雪が積もった田んぼ道

エンジンの除雪機を使うまでも無いので
人力で雪かきを行った。
除雪の三種の神器?

降ったばかりの雪なので
除雪の『三種の神器』の内、鉄スコップを除く
ブラスコップとスノーダンプの出番だ。
スノーダンプ

少ない雪と言っても
距離が200m程有るので
冬の鈍った体にはかなりきつい。

息が上がって来る。

作業をしながら子どもの頃を思い出した。

昔から集落の誰かが
子供の通学や、お年寄りの移動の為に
歩き道の雪を除けてくれていたのだ。

父親やご近所のオジサン達が
スコップでやっていた姿が
脳裏に甦って来る。

そんな思い出に浸っていると
北風がどんどん強く吹雪いてきた。
途中、吹雪いてきた

体は熱いが
手と足先が痛くなってきたので
退散することにした。
除雪完了

北日本では記録的大雪となっているようだが
逆に板取の今冬は記録的少雪で済み
体が楽な分、有難く思う。
スポンサーサイト



© 板取川のほとりで. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG