fc2ブログ
アジサイや清流で知られた板取の日々を書き綴ります。
page top
板取の家庭料理?
板取の家庭料理・・・?、料理と呼べるのか些か疑問なのだが
どこの家庭でも好んで食べられているのが『味噌煮』である。
板取の味、味噌煮
料理に『?』疑問符が付いたのは、特別にレシピが有る訳でもなく
お気に入りの味噌に、お好みの具を入れて煮るだけなので
料理というより、単に板取の家庭の味と言った方がいいのかもしれない。

しかし、この『味噌煮』を侮るなかれ!
板取では「味噌煮は身上つぶす」という諺があるくらい、美味いのだ。
これをおかずにすると、ご飯を余計に食べてしまうので、昔の食糧難の時に生まれた言葉なのだろう。

特別なレシピは無いので、我が家のレシピでよければ公開しよう。

①鍋は何でも良い
②鍋に水を少し入れて、好みの味噌をたっぷり入れて溶かす。(味噌は赤ミソか地ミソ等、辛口の物がよい)
③味噌の濃度は味噌汁の3~5倍くらいのコテコテに。
④溶かした味噌に削り節を、これぞ!とばかり、たっぷりと入れる。
⑤味噌がグツグツしてきたら、好みの具を入れて、蓋をする。
⑥具が煮えたら、あったかご飯に乗せて食べるだけ!
⑦家族がご飯を余分に食べるので、炊飯器のご飯の量を確認する(笑)

塩分やご飯のカロリーを気にしている方には、お勧めしませんが・・・

しかし、私を含め板取の人全員が、味噌煮を食べる時は、全く気にせずに食べて、至福の時を楽しんでいる。

投入する具は、何でもOKなので、我が家の人気の具をご紹介する。

菜っ葉の漬物、シイタケ、ナス、ネギ、コンニャク、サトイモ、水菜、小松菜、身ガキニシン、かしわ、そうめん・・・
要は、何でもいいのだ。 

そして最後に絶対はずせないのが
3回くらい煮返して、コテコテになってしまった味噌へ、卵を入れて、もっとコテコテにすると、これまた、美味しいのなんのって、鍋の中身が綺麗になくなってしまう。

栄養士の方がこのブログを見たら、目がテンになるのかもしれないが
高血圧を気にしていない人は、板取の食卓の雰囲気を味わって欲しい!
スポンサーサイト



© 板取川のほとりで. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG