fc2ブログ
アジサイや清流で知られた板取の日々を書き綴ります。
page top
板取のおばちゃんの味で年越し
今年も残す事あと僅かとなったが、これを食べると「ああ、正月を迎える事ができたなあ」と感じる郷土食がある。
板取では、おばちゃん以上の齢の方がいる家庭では、たいてい作るのが『ニシン鮨』だ。
板取のニシン鮨

いわゆる『熟れ鮨』だが、他の地域では、ブリ鮨、マス鮨、アユ鮨、フナ鮨などが有ると思う。
板取では、ニシンがメジャーで、他の魚を使った鮨はあまり人気が無い。

大根、ご飯、米麹、身欠きニシン、ニンジン、塩だけで作る、発酵食品なのだが、板取では正月料理として仕込むので、この時期しか食べられないのだ。

たいていの家庭が12月中旬から仕込み始めて、正月に間に合わせるのだが、この大晦日に漬物桶から出して来て年越し料理として食卓に上がるので、これが出てくると、「ああ、正月が来るなあ」と感じる訳だ。

ちなみに、このニシン鮨の発酵具合の事を板取では『鮨が煮えた』という。
『煮えた』と言うと、発酵が進んで、美味しい状態。『煮えてない』というと、まだまだの意味。『煮えすぎ』は発酵が進みすぎて、酸っぱくなった状態を言う。

今日食べたのは、ちゃんと煮えていました。
美味しかったですよ。

これを食べながら念じた。
皆々様、本年は本当にありがとうございます、来年もよろしくお願いします」と。
スポンサーサイト



© 板取川のほとりで. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG