アジサイや清流で知られた板取の日々を書き綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
田んぼが賑やかになってきました。
ゴールデンウイーク期間の板取は、通称モネの池効果なのでしょうか、とても賑やかでした。

周りの田んぼも、ほとんどの家庭がゴールデンウィークに田植えを済ませます。

我が家は、3回に分けて田植えをしますが、第1番目はゴールデンウィークに済ませています。
慣行 1

親戚も来て、ワイワイ楽しく行い、ある意味『御田植祭り』と言っても良いでしょう。
慣行 2

2番目は今度の日曜日辺りに出来ればと思い準備を進めています。
慣行 3

この2番目の田んぼは、昨年までモチ米を植えていましたが、今年はコシヒカリにします。

モチ米も良いのですが、籾摺りをやってもらうライスセンターとの作業日程の調整がやや困難で、オペレーターさんに迷惑を掛けるの忍びないので、今年はウルチ米にしました。

さて、 3番目の田んぼは、7年前に『無施肥・無農薬』に切り替えた自然栽培の田んぼです。
自然 1

この田んぼは、あくまでも自然の成長に任せるので、田植えはもう少し先になります。

5月の下旬から6月の上旬にかけて田植えを予定しています。

4月の下旬にモミ播きした苗も順調に育っているので、田植えが楽しみです。

昨年は、自然栽培田んぼの田植えのお手伝いに来てくれた方がいました。 

今年は、田植えの前に泥んこ遊びが出来ればいいなあと、心の隅で企んでおります。
スポンサーサイト
page top
ウグイスの初鳴き聞いた!
名古屋や岐阜で、桜の開花宣言がされ、平野部では春本番に突入したようです。

今朝は、毎朝の日課の新聞取りに行くと、山裾から『ホーホケキョ!』と、ウグイスの初鳴きを確認しました。

板取の春もすぐそこまで迫ってきているようです。

田んぼや畑の作業を始めないと、春色の汽車に乗り遅れてしまいます。

と言う事で田んぼの様子を見に行きました。
土手の日本タンポポ

南向きの土手に、タンポポが何株も花を咲かせていました。

ちょうどさっき、伯母と「日本タンポポが西洋タンポポに駆逐されてしまった」という話をしていたばかりだったので、手に取って確認してみました。

上向きのガク
ちよいとひっくり返してガクを見ると、上向きになっていたので、たぶん日本タンポポだと思われます。

私は生物学者ではありませんので正確な判断はできませんが、たぶん日本タンポポだと思います。

ここ板取には、まだまだ在来種が頑張っているようです。

ダンディライオン
一株に顔を近付けてみました。

ダンディライオンと呼ばれているだけあって、太陽に向かって立派なタテガミを開き、立派な姿を見せつけていましたよ。
page top
板取情報 ほんとに寒の内?
今日で1月も終わりなのですが、まだまだ寒の内なのです。

板取は朝からお日様のご機嫌が大変よろしく、本当に「寒の内?」と勘違いしそうなほど、春みたいな陽気になっています。

福井県境を望む 1

板取と福井県との境の山を望んでみます。
福井県境を望む 2

県境の山は、まだまだ真冬の様です。

道路も乾いて安心して走行できます。



一昨日の雨で板取川は少し増水しています。

板取川

冬の水はエメラルドグリーンの様でとてもきれいです。

夏の水の色とは違いますね。

私が気候の判断にいつも見ている『クズレ山』の様子を見てみます。
クズレ山 1

この山が白い間はまだまだ暖かくなりません。

ズームアップしてみます。

クズレ山 2

霞んでいるのではっきり見えませんが

少し白いだけなので、もしかすると、このまま暖かくなってしまうのかもしれませんね?

ホントはまだまだ寒の内なのですが。
page top
道は道でも?!
昨年の秋以降、我が家の近くにある集会場に、見慣れない自動車がよく来るようになりました。

板取集落センター 1

写真はその集会場です。

建物前の駐車スペースで転回して走り去って行ったり

暫く停車して、ダッシュボード辺りに手を伸ばして操作していたりする姿を良く見掛けます。

板取集落センター 2

ここ板取はど田舎なので、普段見慣れていない自動車がウロウロすると、地域外の方だとすぐわかっちゃいます。

この施設は、『関市板取集落センター』というのが正式名称なのですが、地元の人は門出集会場(カドイデシュウカイジョウ)と呼んでいて、ほぼ100%地元の人しか利用しません。

そこに見慣れない車が頻繁に来る事はあり得なく、「なぜだろう?」と、不思議に思っていたのです。

でも、その疑問が先日解けました。

集会場の向こうに体育館がありますね!
板取集落センター 3

その体育館の奥にも、何やら施設があるのが判りますか?
門出体育館

鳥居が見えますね?

そうです、この神社が謎を解くカギだったのです。

鳥居の脇の石柱に刻まれた文字がヒントです!
大道神社

大道神社

と刻まれていますのが判りますか?

そうなのです、昨年から全国的に話題になった、板取モネの池の見物に訪れた人が間違えて来てしまうのでした。

『モネの池』の名前で広がってしまいましたが、本来は根道神社(ネミチジンジャ)の敷地内の池でして、道案内の地図で検索すると根道神社で案内されています。

『大道神社』の道と、『根道神社』の道を勘違いなのか、カーナビが間違えるのか、それを見る人間が見間違えるのか、原因は様々なのでしょうが、モネの池のある処と間違えて来てしまうようです。

先日も見慣れないカップルが窓を開けて、「スイマセ~ン」と声を掛けてきたので

向こうが口を開く前に

「モネの池でしょう?」と問い返しました。

向こうは「えっ?、そそそ、そうです・・・」と苦笑いしていました。

「最近よく間違えてここまで来ちゃう人が多いんですよね~、ほら、ソコに有るのが大道神社で、あなた方が行こうとしているのは、ここから5kmくらい南下したところにある根道神社だよ!」と道案内しました。

まあ、せっかく来たんだからね、間違えついでと言ったらに大道神社の氏神様に叱られるかもしれませんが、お参りされては如何でしょうかねえ?

きっとご利益がありますから!

根道神社地図(モネの池)

page top
新年早々の風邪です。
1月3日の夜から、喉がイガイガしていました。

もしかして?と思いましたが、やはり風邪のようです。

熱は全くありませんが、咳が止まりません。

夜、布団に入ると『ゲホゲホ、ゴホゴホ』と朝まで続くので、寝不足気味です。

薬を飲んで無理やり咳を止めるのは嫌なので、ネットで『咳止め』と検索してみたら、どうやらハチミツが咳に良いようです。

数年前からこの辺りでも日本ミツバチを飼う事が流行ったので、日本ミツバチの百花蜜が我が家にも常備されてはいたのですが、一昨年から日本ミツバチが原因不明の全滅にあう飼育箱が続発し、百花蜜の在庫が切れていました。

「何処かで買ってこようか?誰かに問い合わせようか?」と思案していた時に、「そういえば、昨年あいつが送ってくれたハチミツが有ったなあ!」と思い出したのがコレです。

マヌカハニー 1

我が子がニュージーランドから『マヌカハニー』を送ってくれて、大切に保管していたものを出してみました。

「おうおう、これや!」と、ラベルを見てみました。

マヌカハニー 2

英語ばかりで書いてあります。

マヌカハニー 3

よく分りませんが、なんとな~く、雰囲気は伝わってきます。

POLLEN COUNT 74%と書いてあるので、「花粉含有量が70%以上だよ~!」と言う事だと思います。

ネットで『Airborne社(エアーボーン)』を検索してみたら、二ュ―ジーランド大手の養蜂会社の様で、こだわりのハチミツを生産しているとの事だったので、有難く口にしたいと思います。

早速フタを開けてみます。

マヌカハニー 4

なんだかピーナッツバター見たいです。

スプーンですくってみました。

マヌカハニー 5

クリームみたいな触感でしたよ。

そのまま舐めてみましたら、甘味もくどくなくて、とても美味しい蜜でしたが、紅茶に溶かして飲むと合うような気がしたので、熱い紅茶に溶かして、水薬のようなつもりで飲みました。

何だか効いたような気がします。

咳が出る回数が減ったような気がします。

きっと今夜はグッスリと眠る事ができるでしょう!
© 板取川のほとりで. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。